Entries

金沢の結納

     P1100095.jpg

   週末、身内の結納がありました。
   金沢では、男性側が結納の際の品々に水引(伝統工芸の加賀水引)をかけてお嫁さんの家へ
   持って行き、向こうでまた飾り付けます。

   その後、今度は女性側から水引を作り替えて男性側へ持っていきます(結納返し)

   納品には幸福への願いが込められています。結納の一つ一つの品々に込められた意味は、
   送る側の願いや、感謝の気持ちを伝えるための手段です。
   これらを贈る事によって、こんなに喜んでいるのだ、という気持ちを品物が伝えてくれるのです。
             (津田水引HPより)


   写真の鳳凰の水引も素晴らしいです。
   この中には、男性側からお嫁さんへ贈る品が入っています。

     P1100100.jpg

   簡単に、簡単にと言っていましたがやはりすることはしないと・・と立派な結納品に
   なりました。
   昔から伝わることには、全て意味があり、できることならこのような風習が
   なくなってほしくありません。
   
   金銭的なこともありますが、ただ煩わしいだけで省略して簡単にしていたら、全ての事が簡単に
   意味のないことになってしまいます。
   今回改めて、両家が、そのご先祖様が結びつく『結婚式』という行事を
   理解したような気がします。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rafaero777

Author:rafaero777
加賀友禅に携わる仕事をしています。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア