Entries

京都出張~春の展示会

      京都での展示会では、会場に花嫁のれんを飾りました。
  
     これは伯母の花嫁のれんで、私が嫁ぐ際に譲り受けたものです。
   60年程前の加賀友禅で、羽二重の生地です。ポツポツトと黄変が出ているので
     たまに空気をあててあげないと、カビだらけになってしまいます (^_^;)

    P1110719.jpg

                  <花嫁のれん>
   幕末から明治にかけて加賀藩の領地である加賀・能登・越中に見られる庶民の風習である。
   花嫁は嫁入りの際、玄関先で実家と婚家の水を半分ずつ混ぜて飲み干し、
   実家の紋を入れた花嫁のれんを嫁ぎ先の仏間の入り口にかける。
   婚家の仏前で手を合わせ「どうぞよろしくお願いします」とお参りしてから結婚式が始まる。



          P1110718.jpg

   今回は、何年かぶりに訪問着を新調しました。 宮野勇造作 『百花繚乱』

   このお着物・・実はTV 『花子とアン』で仲間由紀恵さん扮する蓮子さんが着ていた小紋を見て、
   是非このような訪問着を作ってほしい、と宮野先生のお願いして作っていただいたものです。
   地色も微妙なさじかげんを、上手く染屋さんに染めていただき、思うようなお着物になりました。

   会場では、自分が着て早速ご注文を承りました~(#^.^#)

        P1110723.jpg

   こちらは、夜桜をイメージして作家さんと話し合い作りました。
   1枚1枚、職人さんと話し合い想いをこめて加賀友禅の製作をしています。
   お着物を着られる方が、喜んで着て頂けるように・・と願うばかりです。







スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

京都の展示会は好感触(?)で良かったね。
Mちゃんが前向きに頑張ってはるので、わたしも励みになっています。
  • posted by あやこ 
  • URL 
  • 2015.03/14 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

京都の展示会は・・さい先よかったんだけど・・厳しかったよ~!!(*_*)
今月いっぱいは、1軒でも1点でも頑張らなければなりません。

大河ドラマ『篤姫』の中のセリフ、『女の道は一本道。後戻りはできない』というのが残っていて・・
アベノミクス効果は、呉服業界には関係なく大変なのでいつも崖っぷち!ダメなら潰れちゃうのでいつでも覚悟を持って生きていかねばなりません(^_^;)
武士みたいでしょ?
  • posted by あやこさま 
  • URL 
  • 2015.03/15 19:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rafaero777

Author:rafaero777
加賀友禅に携わる仕事をしています。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア