Entries

亥の子餅

 
    P1010786.jpg

     毎日のように暁町にある、ゆのしやさんに行きます。
    そのすぐそばに『和菓子司 水本』さんがありガラス戸の張り紙、季節のお菓子を見て
     季節を感じることもあります。

     11月は『亥の子餅』
    見た目は地味ですが、旧暦10月の初の猪の日に食べると万病を払う、と云われています。
   旧暦10月は現在の11月。
    茶道では11月は炉開きで、風呂釜から炉に移る月なのです。
   猪は火伏の神である愛宕神社のお使いとされ、火にまつわる事故がないようにと、
    炉開きは初の亥の日に行われるそうです。
                       『和菓子のアン』より

    私も初めて知りました~。
   この『和菓子のアン』読んでると和菓子を食べたくなるんですよ。
    そして和菓子ってとっても深いものだとわかります。

    さて謎かけです。
   和菓子店で、お客様が花札の『猪と萩』を出し「このお菓子をくれ!」と言いました。
    何のお菓子でしょうか?
   わかった方はコメントにどうぞ・・・
    正解は次回のブログで・・〔笑〕
   
  
   
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

亥の子餅、美味しそうです~v-10

豆大福みたいな感じですか?!
  • posted by ぽんちゃん 
  • URL 
  • 2010.11/05 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

そんな感じです。
お餅が柔らかくて美味しかったです~
毎日甘いもの食べてます・・・
  • posted by ぼんちゃん さま 
  • URL 
  • 2010.11/05 22:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rafaero777

Author:rafaero777
加賀友禅に携わる仕事をしています。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア