Entries

お茶

  私が茶道で通っている月心寺さんです。
  といってもここ3年程、籍を置いたままお休み中です。

s-DSCN2083.jpg

   こちらには裏千家四代仙叟宗室がまつられています。
 お茶室も直心庵・暁雲亭があり、毎月23日は仙叟を偲び
 お釜がかかります。しかし会員制で一般の方は入れません。
 お稽古に通っていて、初めて直心庵に入った時は感動でした!
 まさに、谷崎潤一郎の『陰翳礼賛』

 今日は淡交会の日程表を取りに行っただけなのですが、
 「ちょうど今、お茶が点ったから一服飲んでいきまっし」
 と先生に言われて、お言葉に甘え、仕事中ですがお稽古場に入りました。

 お雛様の掛け軸がかけてあり、お弟子さんが14代淡々斎好みの八千代棚を使って茶通箱のお稽古を
 されていました。生菓子やお干菓子を頂き、濃茶薄茶まで頂き、お道具拝見までしてきてしまった!
 釜のしゅんしゅんという音。炭のぱちぱちという音。ひしゃくからこぼれる湯の音。
 なんて五感が研ぎ澄まされるのだろう・・・

 「暖かくなったらまた来てください。着物着て来ていね。」と先生。
 やっぱりお茶室の空間は落ち着きます。無になれる、別世界。
 何だか忘れていたものがよみがえってきました。
 
    s-DSCN2088.jpg

  主人にもお土産にお菓子を頂きました。
  水本さんの雛の袖。お抹茶を点てていただきました。
  先生にお礼申し上げます・・・
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rafaero777

Author:rafaero777
加賀友禅に携わる仕事をしています。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア