Entries

泉谷菓子舗の『いも菓子』

    a0017012_16511586[1]

  実母の実家が七尾なので、祖母が送ってくれたのか、持ってきてくれたのか、よくこのいも菓子を
  食べていました。
  この素朴な包紙が懐かしい感じ。
  しっかりくるんでないと、乾燥して皮が固くなっちゃうんですよね~
  いろいろありますが、この包みのいも菓子を食べていた記憶があります。

  『いも菓子』というわりに、芋が一切はいっていないようです。
  白あんをニッキがたっぷりついた皮でくるんで焼き上げたもので、さつまいもの形をしています。
  大正8年に創作されて以来、製法を変えずに製造されている珠洲市の名産品です。
   
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

この芋菓子ですが、焼き立てというもの戴けるそうです!
泉谷さんのホームページで見たのですが・・・  10時ごろ焼き上がるんだったかな!?  すっごく美味しんですよ~!
皮の部分が香ばしくて。  かれこれ20数年前になりますが、他店で焼きたての芋菓子を食べた事があります。 その味は、高校生ながらにもかなり感動ものでした。
  • posted by ぽ・よ~ん 
  • URL 
  • 2012.12/28 11:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

へえ~焼きたてもあるんだね。美味しそう~
お正月、珠洲に行くけどお店はお休みだろうな。。
珠洲出身のぽ・よ~んさんにとっても思い出と共にあるお菓子なんでしょうね。
  • posted by ぽ・よ~んさま 
  • URL 
  • 2012.12/28 21:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

む・・・ 焼き立て(B級品ですが)を食べて初めて美味しいと感じた位です。  正直、家にあっても子供の頃はあまり手が出ませんでした・・・ 箱に入った泉谷さんの芋菓子は、やっぱり地元でも一番人気でした!
  • posted by ぽ・よ~ん 
  • URL 
  • 2012.12/28 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rafaero777

Author:rafaero777
加賀友禅に携わる仕事をしています。

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア